EXIT-DRUMLESSONロゴ


大阪 梅田 吹田で学べるアレクサンダー・テクニークとモーラー奏法を取り入れた新感覚ドラムレッスン。

レッスンのご予約はこちら

モーラー奏法ヘッダ

HOME > moeller > モーラー奏法とは

モーラー奏法

モーラー奏法とは?

もともとはサンフォード・ A ・モーラー(アメリカ1879~1961)が考案した奏法。

腕の回転運動を利用する

従来の奏法との違いは肘や手首の屈伸よりも上腕の外旋・内旋や前腕の回外・回内といった腕の回転運動を主体としたストロークと、スティックのリバウンドを利用し複数打を一回のストロークにまとめて行うという特徴があります。

強い筋力を必要としない

筋力に頼らず肩や腕の重みを楽器に伝えることができ、少ない力で豊かな音量、スピード、ダイナミクスを得ることができます。

現代ドラマーの新常識?

もともとは軍楽隊や鼓笛隊のための演奏法でしたが、次第にドラムセットでの演奏にも取り入れられ、今や欠かすことのないテクニックになりつつあります。
ルーディメンツやほかのテクニックと区別する理由は奏法原理が全く異なるため、従来の奏法と同様に、基礎から積み上げていく必要があります。