EXIT-DRUMLESSONロゴ


大阪 梅田 吹田で学べるアレクサンダー・テクニークとモーラー奏法を取り入れた新感覚ドラムレッスン。

レッスンのご予約はこちら

アレクサンダーテクニークビルボード画像

HOME > alex > 気づき

アレクサンダーテクニーク講座「気づき」

気づきとは?

アレクサンダーテクニークのすべてはここから始まるといっても過言ではありません。
いかに自己観察して習慣を発見するか、それさえわかればアレクサンダーテクニークのレッスンはスムーズに進みます。

苦手だからとむやみに猛練習しても解決しなかったことはありませんか?

例えば楽器演奏において苦手なフレーズやテクニックがあったとします。その苦手な原因は「練習が足りないから」ではなく、習慣的に誤った使い方をしてしまっているからです。よくない習慣は自己の使い方をより複雑にしてしまうので、その方法でいくら練習してもなかなか上達しません。

難しいと感じたらまずは自己観察

練習の正しい順序は「難しくしてしまっている原因に気づくこと」から始まります。はじめのうちは鏡などを見ながら外面的なところを観察してみましょう。ただしあまり集中しないで風景を眺めるように。自己を観察することに慣れてきたら今度は内面的なことを見てみましょう。どういうイメージでその行動をしているのか、何をしようとしているのか、そういった「行動意識」みたいなところにも目を向けてみるのです。

思い込みや無意識にやっていることに気づけたら変わります

演奏中に良かれと思って、あるいは無意識のうちにやっていることが、実は自在な表現を妨げる不要な習慣であったりすることを認識し、何が余計なのかを知覚できる力、動きの前に抑制できる力、必要な方向を選択し自己に与えることができる感覚がレッスンで徐々に取り戻されます。心身の不要な癖を取り去り、より必要な部分を使えるようになることは動作の違いはわずかでも、力の流れにおける違いは非常に大きく、より効果的で建設的な反応、コントロールのしやすさ、柔軟な動きなど、本来の力が発揮されるのです。自分のしていることをよく知ることで緊張のし過ぎを緩和し、身体への圧力によって起こっていた痛みを軽減し、結果としてより少ない負担でより高いレベルの演奏ができるようになります。

ページの先頭へ