EXIT-DRUMLESSONロゴ


大阪 梅田 吹田で学べるアレクサンダー・テクニークとモーラー奏法を取り入れた新感覚ドラムレッスン。

レッスンのご予約はこちら

アレクサンダーテクニークビルボード画像

HOME > alex > 方向性

アレクサンダーテクニーク講座「方向づけ」

方向づけとは?

脱力だけではうまくいきません

今まで何度か述べたように、アレクサンダーテクニックの原理には、抑制と同時に「方向づけ」という同時に必要な2つの柱があります。例えば脱力した方がよいということは、音楽演奏やスポーツの場面で広く知られていますが、力みを「抑制」し、力の抜けた状態だけで「方向性」がない時、音は硬く汚いものになってしまうし、幅のある豊かな音楽表現はできません。方向を与えるとはすなわち、本当に必要な身体の使い方、表現に必要な良い技術や、音楽的アイデアを自分に与えることであり、必要な方向を与えれば、よい演奏が生まれるわけです。

頭は上へ、前へ

例えば力が抜けて頭が後ろへ下へ押し下がると

このように体全体のバランスが崩れ、背中は丸まり、肩も胸の方向へ押し下げてしまいます。腰や膝にも見てわかるほど負担がかかっているように見えますね。

力を抜くだけでなく頭は上へ前へいい方向性を自身に与えると

本来の背中の長さ、広さが取り戻され、全身がバランスし、生来備わっている
プライマリーコントロール」が発揮されるようになります。

このように、今までの習慣や癖を抑制し、自身に良い方向性を与えていくことでより良い使い方に取り換えていくことができるようになります。

ページの先頭へ